借金の悩みは債務整理DE解決!!
債務整理に関するご紹介サイトです

債務整理DE解決!!

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット

自己破産をするにはどのようなメリットがあるのでしょう。

■今ある借金の支払いが免除されます

自己破産申立て後、免責手続きが認められて終了すれば返済しなければならない責任が免除されます。

■自己破産申し立てをすれば毎月の支払いを止めることができます

裁判所に自己破産申立てすると受理番号がもらえ、債権者に通知する事によって支払いを止められます。

■自己破産法で守られているので安心です

自己破産手続きが無事完了して支払いが止まると言ってもその後、債権者からの取立てや嫌がらせがくるのでは・・・と不安になる方もいると思いますが、裁判所へ自己破産申し立をした後は、法律で守られているのでその様な事はありません。

ただし一部ヤミ金融など法律を無視して営業しているような会社ではより厳しい取立てをされる場合もあるようです。

■安心した生活が取り戻す事が出来ます。

毎月高額な支払いに追われ、お金の工面をしてきた方にとって、支払いを気にせず生活ができるとは考えられないですよね。

借金をしたからと言っても犯罪を犯しているわけじゃありません。自己破産の手続きは国が行っている制度なので、消費者が自己の生活を守るための当然の権利と言えます。

■強制執行されません

破産法が改正されたことにより、従来に比べ訴訟を起こされたり、給与の差し押さえされる可能性が低くなったようです。

自己破産のデメリット

自己破産をするとどのようなデメリットがあるのでしょう。

■自分名義の財産は処分される場合があります

自己破産申立て後、あなた名義の不動産や車、その他特に財産価値があるものは手放さなくてはいけません。 生命保険などは一定の条件内で継続加入できます。一般的に家財道具が財産と見られることはないようです。

車など ローンの残債がなく、ほとんど価値が無いとみなされる場合は手放さなくて済む場合があります。

■商品購入の場合、その商品お返却を求められる場合があります

裁判所に自己破産を申立ての直近に買い物した商品は返却することで債務を減らすことになるため返却を求められる場合があります。

■自己破産手続き中は、特定職業上で制限があります

自己破産手続きをしている間の約半年から 1年位は、弁護士・司法書士・公認会計士などの職業に就くことは出来ないとされています。

また、一般的な職業に於いては、警備員・保険外交員などに就くことも規制されているようです。ただし、公務員・医者・建築士などの職業には影響ありません。これらの規制は免責決定を受けることによって職業上の制限は解除されます。

■クレジットの利用が困難になります

自己破産手続きをすると一定期間、信用情報機関に登録されるため、クレジットを利用することが困難になってしまいます。今ある支払いは免除されて借金から開放される訳なので、もう二度と借入に頼った生活をしないようにしましょう。

■今後の自己破産の手続きは困難になります

一度、自己破産、免責決定によって債務整理をすると、今後 7年間新たに免責を受けることは困難となります。

Favorite

iPhoneに関する比較サイト【iphone修理屋ウェブ】

Last update:2017/8/18

債務整理 自己破産債務整理 自己破産とは?債務整理 自己破産制度債務整理 自己破産メリット・デメリット

債務整理 過払い債務整理 過払いとは債務整理 過払い請求

[PR]

相談しよう

当サイトでは、主に自己破産についてご紹介していますが、必ずしも自己破産を勧めているわけではありません。

解決するには他にも色々な方法があります。自分の借金の総額や状況を見直してみて、どう感じたかを一度振り返ってみてもらえたらと思います。

一人で解決しようとするといつまでたっても解決出来ません。借金返済でお悩みの方は自分で判断するのではなく弁護士や司法書士に相談してみる事が一番の解決方法です。