借金の悩みは債務整理DE解決!!
債務整理に関するご紹介サイトです

債務整理DE解決!!

債務整理の基礎知識

債務整理とは?

前文でも触れましたが、債務整理とは多額の債務の整理をすることを言い、借金整理ともいいます。債務は法人でも個人でも存在します。債務整理の目的は多額の借金を抱えた人の債務を整理し、債務の過剰状態を脱し、新たな生活を立て直すために行われます。

多くの場合、債務者と債権者の話し合いでは解決が難しいため、裁判所、弁護士、司法書士などの専門家が関与するケースがほとんどのようです。

債務整理で生活を守るには?

債務整理は、個人が過剰債務状態に陥った場合に弁護士、司法書士、裁判所などを利用し、債務を整理することに他なりません。

特に個人は法律に明るくないことが多く、貸し金業者の言うがままになっているケースも多く、生活の基盤を破壊されている場合もあるようです。最近、問題になっている闇金業者から過払い金の返還や、違法取立てをやめさせ、新たな生活を立て直すために債務整理を行います。

債務整理は一人で出来る?

債務整理は、過剰な債務を抱えた人の債務を整理し、貸し金業者の違法な取立て、過払い金の返還、最終的には自己破産まで視野に入れて、過剰債務者の新たな生活を立て直すための手続全般の事を指します。

債務整理を個人で行おうとしても債権者と債務者の間の話し合いがうまくいかない場合が多く、法的な手続きも絡んできます。裁判所、弁護士、司法書士などの専門家の関与が必要な場合が多いようです。

債務整理を行う上で重要となる法律

債務整理手続きを進める上で、重要な法律が2種類あります。1つは出資法、もう1つは利息制限法です。

両方とも、お金を融資する際の上限利率を定めている法律ですが、出資法では上限利率は29.2%、利息制限法では15%~20%と定められています。

利息に関する上限が2つあるという事です。この出資法と利息制限法のあいだの利息を、グレーゾーン金利と言いますが、この言葉に関しては最近TVや新聞などでも頻繁に取り上げられていますので、みなさん聞き覚えがあることでしょう。

消費者金融等の業者の多くは、このグレーゾーン金利にあたる利息をとっているようです。これは、出資法には反していませんが、利息制限法には違反していますので、利息制限法を超えてとった利息分を元本に充当し直すという計算を行うことが可能です。

ではもし、業者が出資法を超える利息をとっていた場合はどうなると思いますか?

その場合は、引き直し計算を行うといったどころの話ではなく、業者は5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金を科され、刑事的な制裁を受けることとなります。

債務整理の方法の選択

債務整理では、裁判所が関与する、自己破産・個人民事再生・特定調停と、弁護士と業者が話し合いで解決する任意整理があります。

自己破産は裁判所が認定すれば債務は帳消しとなります。個人民事再生は債務の大幅な圧縮が可能ですが、返済は3年間で行わなければいけません。

特定調停は弁護士費用などの捻出が難しい場合、裁判所が直接債権者と債務者の間に入り債務の整理を行うものです。どの方法を選択するかは、司法書士や弁護士などの専門家に相談して決めるようにしましょう。

きちんとした専門家であればきっとあなたの悩みにしっかりと答えてくれるはずです。
過払い請求をしたりという選択肢もあるのではまずは相談することですね。

2014/10/2 更新

債務整理 自己破産債務整理 自己破産とは?債務整理 自己破産制度債務整理 自己破産メリット・デメリット

債務整理 過払い債務整理 過払いとは債務整理 過払い請求

[PR]

相談しよう

当サイトでは、主に自己破産についてご紹介していますが、必ずしも自己破産を勧めているわけではありません。

解決するには他にも色々な方法があります。自分の借金の総額や状況を見直してみて、どう感じたかを一度振り返ってみてもらえたらと思います。

一人で解決しようとするといつまでたっても解決出来ません。借金返済でお悩みの方は自分で判断するのではなく弁護士や司法書士に相談してみる事が一番の解決方法です。